九州メディア感謝祭レポート -動画広告市場の現在-

この記事は約5分で読めます。

シェアする

こんにちは!maioの藤田恵理です!

今回は、先日に弊社九州支社のある福岡にて開催された「メディア感謝祭2017」の際に

お話させて頂いたmaioの部分についてまとめてみました!

①動画リワードの現状

②動画インステの収益性

③カジュアルゲームの出稿について

 動画リワードの現状

既にAPPマネタイズのには欠かせないものとなっている動画リワードですが

導入箇所によっても収益性は大きく変動します。

今回は同じAPPでも動画設置箇所によって収益に差が出た事例をご紹介させて頂きました。

例えばこちらの例。

MEMORY Inc.が提供する『にゃんこレンジャー』という

ポノス株式会社の『にゃんこ大戦争』のキャラクター(IP)を活用したAPPです。

APP内には複数ゾーンがあるのですが、その中の2つのゾーン比較してみました。

左側、ルーレット部分の導入箇所は、APPにログインすると、左上にルーレットが表示されています。

ルーレットを回すと、バトル中に使える有利なアイテムが貰えるんですが、

このルーレットを回すために動画視聴させる箇所になります。

右側、ショップ部分の導入箇所は、これも課金で買えるアイテムを

動画視聴でGET出来ると言うものです。ただし視聴回数は、5回までと回数制限を設けています。

この2つのゾーンですが、左側ルーレットの方がCVRは高くCPMが高い傾向にありました。

理由としては、それぞれの導入箇所のユーザーの行動導線の違いにあります。

左側、ルーレットを回す為に動画視聴という導線は、

ルーレットを回す為に動画を見るので付与されるインセンティブはまだ決まっていない状態です。

何が当たるか分からないルーレットを回すくらいなので、

今すぐアイテムを使わなくてもいいや、貯めておこうってユーザーさんが多いですよね。

それに対して右側、ショップ画面でネコ缶もしくはゴールドを動画視聴で貰うことが出来るのですが、

ここはインセンティブがもう決まっている状態なので、

ネコ缶もしくはゴールドが今すぐほしい!今すぐ使いたい!というユーザーが動画視聴をしています。

また、“広告を見せる”事をユーザーさんに意識付けているかどうかも重要です。

ルーレットは、今から広告を見る!というのが分かりますよね。

ただ、ショップはボタンを押せばすぐに動画が再生されるので、あまり意識付けされていません。

この2つの要因で、ルーレットの方がCVRが高くなっていると思います。

同じ再生数でも、CVRの差によって、収益は大きく変動します。

効果が良く単価が高い枠に動画を設置し、上手に収益化していきましょう!

動画インステの収益性

maioではノンインセのSkip付き、動画インタースティシャルを提供しております。

実装方法も、動画リワードと同じくmaioSDK1本で導入可能で、

maioSDKがすでに入っている場合は枠を追加するだけで設定可能です。

動画インステが使われる理由は、やはり静止画インステと比較した際の高い収益性。

では、どのくらい高いのでしょうか。

こちらは、株式会社ノース・スターズ・ピクチャーズとイマジニア株式会社が提供する

『マンガほっと』というAPPで、マンガの読了部分に動画インステが流れます。

同じ箇所に導入されている静止画インステとのCPM比較をした所、なんと5倍の差が出ていました。

このグラフから見ても、動画インステは静止画インステより、

平均して収益性が高いと言う事が分かって頂けるかと思います。

ただ、全画面広告で訴求力が強いので、出す頻度や導入箇所など

ユーザビリティに気をつけて上手く活用できれば大幅な収益増が期待できますね!

カジュアルゲームの出稿について

iOS11がリリースされたことで、ランキングからの流入が少なくなったり

どうやってAPPをPRしていけばいいのか、ディベロッパーさんの悩みの種ですよね。

そもそも、カジュアルゲームが出稿するなんて…と考える方もいるかも知れません。

最近のカジュアルゲームは、昔のカジュアルゲームと比較して1DLあたりの収益金額が

高くなってきており、広告出稿が成功しているケースも多いです!

出稿出来るのは分かったけど、動画が無いというディベロッパーさんに対して、

maioでは30万円以上のご出稿で、動画2本無料で作成という取り組みも行っております!

上記は実際にご出稿して頂いたアプリの実績となります。

CPIも100円以下に抑えられている物もありますね。

出稿したことでストアランキングが上がり

maioでのCV件数と同じくらいのユーザーが自然流入で入ってきているデータも御座います。

さらに、maio経由で入ってきたユーザーは動画を見てAPPの内容をしっかりと理解した上で

インストールしているので継続率が高いというデータも出ております。

是非、maioでのご出稿をご検討下さいませ!

maioとしては動画リワードをはじめ、動画インステなど収益性の高い広告によって

アプリのDLあたりの収益をあげるだけではなく、プロモーションの部分からしっかりサポートし、

アプリ全体のマネタイズをさせていただけるようなサービスを目指しています。

少しでも興味を持って頂けた方は、是非、お問い合わせ下さいませ!

そのほかの登壇については、こちらでまとめてあります。

maioについてもっと知りたい

このブログは株式会社アイモバイルの動画アドネットワーク「maio事業部」のメンバーが運営しております。 maio blogを通じて、maioや動画広告に興味を持っていただけましたら、こちらよりお気軽にお問合せくださいませ。

お問い合わせ
The following two tabs change content below.
藤田 恵理

藤田 恵理

入社3年目のmaioメディアコンサルタント。アプリディベロッパー様の為ならどこでも駆けつけますっ!

シェアする