教えてmaio!総集編。

この記事は約4分で読めます。

シェアする

こんにちは。maioの遠藤です。

2019年になり早1ヶ月が過ぎましたがいかがお過ごしでしょうか。

風邪やインフルエンザが大流行していますので、(私も罹りました泣)体調管理には皆さんお気をつけ下さい。。

さて、今回は『教えてmaio!総集編』と題しまして、パート1からパート4まで出した記事の中から質問内容を

○動画リワード/動画インステの収益性

○導入箇所

○maioの広告案件

○技術面

○maioについてあれこれ

の5つのカテゴリーに分けて振り返ってみました。

※『教えてmaio!』とは:(当時新卒1年目だった遠藤が)「アプリデベロッパーさんから聞かれる質問って同じようなことが多いなあ。。ということは、これをブログとして発信すれば、同じ疑問でモヤモヤしているデベロッパーさんのお役に立つかも‥!」と思い、始めたシリーズ(*‘ω‘ *)

動画リワード/動画インステでのマネタイズ方法や収益性、maioについてなど様々な質問にお答えしています。

○動画リワード/動画インステの収益性

自社アプリに導入したらどれくらいの収益になるのか?

本当にこんなに収益がでるのか?

といった部分は導入を決断するうえでポイントになる点かと思います。私も入社してから本当にたくさん質問を頂きました。

ユーザービリティを崩すことなく、安定してマネタイズが出来る動画リワード

収益性の高さが魅力で導入がどんどん進んでいる動画インタースティシャル

収益性については教えてmaio!でもご紹介していますが、maioブログでも多数取り上げているテーマになりますので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

○導入箇所・方法

「インセンティブとなるものが無くって…」「より収益を上げるための導入って?」

そんな疑問にも多数お答えしてきました。

ユーザーメリットになるものであればどんなもの・ことでもインセンティブとなり、マネタイズできるのが動画リワードの魅力ですね。

また、インセンティブ設計が難しいアプリでも動画インステよってマネタイズの底上げに成功している事例もあります。

もちろんアプリによってマネタイズを最大化させるインセンティブや導入箇所は変わってきますので、「どんな導入をすればより収益性を高められるのか」といったことでお困りの方はぜひ一緒に考えていきましょう!

maioの広告案件

配信される広告案件も気になりますよね。

maioはゲーム案件ももちろんですが、非ゲームの案件も順調に伸びています。

最近ではプレイアブルアドの取扱いが始まったこともあり、Eコマースやマンガ、ブランディング、ポイントやコミュニティなど幅広いジャンルの広告主様とのお取組みが増えています。

多種多彩な広告案件はアプリユーザーと親和性の高い広告配信が可能となり、結果としてマネタイズの最大化に繋がりますので、メディア様にとっては利用するアドネットワークを選定する際の一つのポイントとなっています。

○技術面

技術面のご質問、一番多いかもしれません‥!

maioではエンジニアも常駐しており、我々営業メンバーがすぐにコミュニケーションを取れるような体制になっています。

もちろん直接エンジニアとお繋ぎする窓口もございますので、不安なこともすぐに確認できるので、メディアさんも安心できるのではないでしょうか。

○maioについてのあれこれ

最後はジャンル分けが難しかったので、「maioについてのあれこれ」というカテゴリーにしてみました(笑)

最後に

教えてmaioではこれからも、デベロッパー様からいただく質問をもとに、皆様に役立つような情報を発信していきます。

また、こんな質問に回答してほしいです!といったご要望もお待ちしておりますので、お気軽にご連絡いただければと思います。

maioについてもっと知りたい

このブログは株式会社アイモバイルの動画アドネットワーク「maio事業部」のメンバーが運営しております。 maio blogを通じて、maioや動画広告に興味を持っていただけましたら、こちらよりお気軽にお問合せくださいませ。

お問い合わせ
The following two tabs change content below.
遠藤 優佳

遠藤 優佳

入社2年目のmaioメディアコンサルタント。アプリディベロッパー様のお力になれるよう、日々勉強中。金曜の夜に録画したサザエさんをみて「あれ、今って日曜の夕方だっけ?違う、まだ金曜だ!」と錯覚をするのがたまらなく好き。

シェアする