教えてmaio!~part2~動画アドネットワーク・maioへのご質問にお答えします!

この記事は約5分で読めます。

シェアする

こんにちは、maio遠藤です。

教えてmaioシリーズ、待望(?)の第二弾。

今回は動画インステについてよく頂くご質問と、以前からアップデートした点をご紹介していきたいと思います!

■『動画インステについてです。CPCV(視聴完了)モデルなのにeCPM1,000円以上って本当ですか?』

A.ズバリ、視聴完了率とCVRが高いからです!

確かに、スキップ付きの動画インタースティシャルだと最後まで視聴完了されず、CPCVモデルだと高いパフォーマンスを発揮できないのではないか?というご質問をよく頂きます。

ですが、実際maioの動画インステをご導入頂いたディベロッパー様からは、大変嬉しいことに

「想像以上に高くてびっくりです‥!」といったお声を頂きます。

maio動画インタースティシャルのeCPMは非常に高く、1,000円以上になるケースも多数ございます。

こちらmaio動画インステのCPM計算式なのですが、見ていただいて分かる通り、CPCVと視聴完了率に左右されます。

つまり、CPCVを上げれば上げる程、視聴完了率が高ければ高い程、収益は高くなります!

○それぞれ見てみよう・・!

―視聴完了率―

maioの動画インステの視聴完了率は平均30%です。10人中3人が見てくれているということですね。静止画のクリック率は大体0.5%くらいなので、200人中1人がクリックするということになります。

maioの動画は15秒~30秒、skipできるのが基本5秒~なので、そう考えると高いですよね。。!

完了率が高い理由の一つにアプリユーザーと親和性の高い動画広告を配信できることが挙げられます。

こちらはmaioの案件カテゴリーの割合です。

maio内で動画クリエイティブ製作が可能なこともあり、ゲーム案件のみならず、

女性向けECや動画、ツール系などといった非ゲームの案件も独占的に多数ご出稿頂いています。

豊富な案件数・ジャンルに加え、より魅力的な動画クリエイティブは、ユーザー様と親和性の高い広告配信を可能とし、

視聴完了率が高い大きな要因となっています。

CPCV

続いてCPCVですが、平均3.5円程度になります。

動画リワードの平均CPCVは1.5円なのでこちらも比較して非常に高いですよね。

高さの秘密は、視聴完了時つまり課金発生時からのCVR(コンバージョン率)、広告主効果が高いからです!

Skipせず最後まで動画を視聴して頂いたユーザー様はその先のCVまで繋がりやすい、、ということは想像できますよね!

さて、ここで先ほどの式に平均のCPCVと視聴完了率を当てはめてみましょう。

この2つが圧倒的に高いことがmaioの動画インステのeCPMが高い要因なのですね!

もちろん、アプリのジャンルや導入箇所によって変わってきます。

ユーザーの行動導線に配慮した導入もCPCV/完了率UPの重要なポイントとなってきますので、具体的な導入方法が気になる方はぜひ、こちらのブログもチェックしてみて下さい!

動画リワードだけではもったいない!収益性抜群のmaio動画インタースティシャル広告をご紹介

 

■『Admobメディエーションと正式連携したと聞いたのですが、今までと何が変わったのですか?』

A正式連携によって、実装が更に簡単になりました!

ディベロッパー様はビルドスクリプトに一行変更を加えるだけでアダプター、maio SDKをアプリに追加することが可能です。

また、既にAdmobメディエーション経由でmaioをご利用中のメディア様からよく頂いていたのが、「eCPMを自動取得できないのか?」ということ。

それも正式連携により可能となりました。

ご希望のディベロッパー様は、担当営業、またはmaio infoにお問合せ頂ければAPIを発行させて頂きますので、Admob管理画面上でAPI KEYを入力し、ガイドに従ってご設定頂ければと思います。

 

■『海外でのマネタイズもしたいのですが・・』

A現状maioでは海外向けの配信は対応しておりません。

ですが、AdMobメディエーションやイスラエルのネットワーク、ironSourseと連携したことで、国内配信ではmaioを利用し、海外配信にはAdMobやAdMobメディエーションに連携しているグローバルアドネットワーク、ironSourseやironSourseのメディエーションに連携しているアドネットワークから広告を配信することができるようになりました!

詳細については以下よりご確認下さいませ。

【プレスリリース】「maio」、 Google が提供する「AdMob メディエーション」と正式連携及びオープンソースに対応
Google の提供する広告収益ソリューション「AdMob メディエーション」と連携を開始いたしました。今回、動画広告においてのメディエーション正式連携及びオープンソース対応(※)となり、アプリデベロッパーに対して技術的な実装を含め収益改善をサポートしていきます。
【プレスリリース】世界11カ国でモバイルアプリプラットフォームを展開するイスラエル「ironSource」と国内企業として初の連携を開始
株式会社アイモバイル(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:野口哲也、東証マザーズ上場:証券コード6535、以下アイモバイル)はス...

■『対応しているSSPはどこですか?』

AAd Generation(Supership株式会社)、Adstir(ユナイテッド株式会社)、アドフリくん(株式会社ADFULLY)、Geniee(株式会社ジーニー)に加え、viidle(株式会社アド・ジャポン)、fluct(株式会社fluct)の計6社様と接続させて頂いております(50音順)。

また、先程ご紹介したIronsourse、AdMobメディエーション、mopubとの連携もしております(5月7日現在)。

○最後に

maioでは一人でも多くのディベロッパー様にご利用して頂きやすいよう、日々新たなお取組みやアップデートを進めておりますので、ご要望等御座いましたら、いつでもお問合せお待ちしております!

お問合せはこちらから

maioについてもっと知りたい

このブログは株式会社アイモバイルの動画アドネットワーク「maio事業部」のメンバーが運営しております。 maio blogを通じて、maioや動画広告に興味を持っていただけましたら、こちらよりお気軽にお問合せくださいませ。

お問い合わせ
The following two tabs change content below.
遠藤 優佳

遠藤 優佳

入社1年目のmaioメディアコンサルタント。アプリディベロッパー様のお力になれるよう、日々勉強中。金曜の夜に録画したサザエさんをみて「あれ、今って日曜の夕方だっけ?違う、まだ金曜だ!」と錯覚をするのがたまらなく好き。

シェアする